家造り・不動産について考えてみよう!

リビング収納

  • 25 1月 2018 2:00 pm

家族が長時間過ごすリビングには、物が集まってきやすいです。そこでしっかりと収納できるリビング収納を設けておきましょう。シューズクロークやパントリーはしっかりと設けられますが、意外とこのリビング収納が見落とされてしまうだけに忘れないようにして、リビングの快適性を確保したいものです。

リビングの背面にウォークイン型のリビング収納を設けました。リビングとリビング収納の境には建具を設けず、アーチ状の垂れ壁で空間を繋ぎました。物の出し入れをするだけに建具があると行き来のスムーズさに欠けますし、建具のコストをカットできます。リビングから収納している物が見えない収納スペースなので建具がなくても大丈夫なのです。壁には天井いっぱいに広がる棚を造り付けています。床から天井まで余すところなく収納スペースを確保できていることで収納力が高いですし、収納する物に合わせて棚を高さを調整できるのでデッドスペースを生みにくいのです。見られたくない日用品や掃除機や扇風機、アイロン台などの大きさのある物もスッポリと収められています。

他にはリビングに散らかることの多い子ども達のおもちゃや絵本、幼稚園グッツなども整理しています。リビングではパソコンも使用するためパソコン関連用品や、書類、説明書なども整理できています。家族みんなで共有する薬箱や爪切りなどの生活雑貨などもここに収納しています。リビングと言う身近な場所に物の出し入れがしやすい収納を設けたことで物が管理しやすく、家族で物を共有しやすくもなっています。リビング収納こそ力を入れましょう。

Sorry, the comment form is now closed.

Top