家造り・不動産について考えてみよう!

You are currently browsing the ‘家造り・不動産について考えてみよう!’ archives for 12月 2015

階段下の活用法

  • 12月 27, 2015 1:13 pm

住宅内のデッドスペースと聞き一番に思いつくのが階段下ではないでしょうか。このデッドスペースをどのように活用するかで住宅内の過ごしやすさも変わってくると思います。階段によってもその活用法は変わってきます。我が家はリビング階段を採用しました。リビング階段と言っても階段の入り口がリビングに面しているだけで、リビング内に階段が存在するスタイルではありません。そんなリビング階段は廻り階段で我が家は階段下にトイレを設けました。

階段下という特殊な部分なだけに便器を設置している部分の天井は特殊な形状をしています。また通常の天井に比べると低くなっています。一見圧迫感を感じる人もいるかもしれませんが、用を足すには全く支障がなくトイレを設けたことに後悔はありません。壁や天井のクロスなどの色味やデザインで便器部分の天井の低さが全く気にならず、むしろ空間を上手に利用しているねと言われるほどです。

また階段の上り初めからホール部分までの階段下スペースはトイレの収納スペースとして利用しています。階段下というデッドスペースを余すとこなく上手に活用できていることで、非常に満足度の高い家となっています。

階段下の活用法で一番先に思いつくのは収納と思いますが、収納意外と利用方法を取り入れてみるのもいいと思います。以前住んでいた住宅は階段下の活用法は収納でした。しかし使いにくい収納スペースだったために新築住宅ではあえて収納にはしませんでした。住宅内に生まれるデッドスペースを最大限活用できるようにすることで暮らしやすい家になるのです。

Top