家造り・不動産について考えてみよう!

You are currently browsing the ‘家造り・不動産について考えてみよう!’ archives for 8月 2015

こだわりの家

  • 8月 25, 2015 9:08 am

我が家の新築住宅がついに完成しました。この住宅は使用する建材にこだわりました。最近ではハウスシックという言葉もよく耳にします。マイホーム購入は人生最大の買い物です。その買い物を失敗することなく満足できる家にするには使用する建材が大変重要なのです。

コストを優先するあまりに人体に悪影響を与える化学物質を多く含有した建材を使用すれば、そこで暮らす人の健康を害する場合もあるのです。そこで我が家は床を無垢材にしました。地元の杉を使用した無塗装の浮造りの床は直接肌で触れる部分なのでこだわりました。浮造りの凹凸感が優しく足裏を刺激してくれ足つぼ効果が期待できるのです。床は直接肌が触れる部分なだけに触感を重視してほしいです。
合板フローリングだと夏はベタッと張り付いた感触ですし、冬場は冷たくて裸足で歩くことなどできません。しかし無垢材の床であれば、夏でもサラッとした肌触りで、冬はほのかに暖かさを感じられるほどです。

無垢材の床と、壁は漆喰にしました。漆喰は高い調湿作用があります。梅雨時期など外がジメジメしている時でも、漆喰の壁であればサラッとスッキリとした空間が広がるのです。室内の環境に応じて水分を吸収したり、放出したりしてくれるので一年を通して快適な空間を造り出してくれるのです。また室内の嫌なにおいを吸着してくれる働きもあります。それだけではなく人体に悪影響を与えると言われているホルムアルデヒドを吸着する効果も期待できるので健康な住宅へと導いてくれるのです。せっかくのマイホームはこだわりを持ち最高の住宅にするべきなのです。

Top