家造り・不動産について考えてみよう!

You are currently browsing the ‘家造り・不動産について考えてみよう!’ archives for 2月 2013

あたかも庭があるような家

  • 2月 21, 2013 11:52 am

  庭のある住宅って憧れますよね。

 もしも予算の都合で、庭付きの家が買えなくても、あたかも庭があるように見える家というものがあります。

 埼玉注文住宅を建てた学生時代の友人宅が、まさにそのような家だったのです。

 友人の家は20坪ほどの小さなお家です。しかし、玄関を開けるとそこには明るくて広い空間が広がっています。

 狭い土地の為、延床面積も限られています。その上、建ぺい率や斜線規制などの制約もあり、設計はかなり工夫されたものになっています。

 ステップフロアを採用することで、各室を半階ずつずらして、天井高が高く、空間を広くみせるような造りにしてあります。半階分の階段が各室をさりげなくつなげる役目をしているため、階段でありながら存在を主張しすぎない。流れを感じさせてくれる洗練されたデザインだと感じました。

 リビングには、ピクチャーウインドウが大胆に取り付けられています。そこからは緑地公園が望めます。これこそが庭がなくても庭があるように見える家というわけです。緑地公園の豊かな緑は、この家にすばらしい借景をもたらしてくれています。

 このようにたとえ狭小地であれ、公園や遊歩道など景色の望める立地にある土地であれば、開口を工夫して外部の視線を遮りながら借景を得るということも可能となります。庭木が豊富な住宅の隣というのも、借景を楽しめる家を建てる絶好の場所ではないでしょうか。借景がよいのは、自ら植栽の手入れをする必要がないというところです。水やりや剪定の必要がないというのは、楽ですよね。

Top