家造り・不動産について考えてみよう!

You are currently browsing the ‘家造り・不動産について考えてみよう!’ archives for 4月 2011

お施主様への影響

  • 4月 3, 2011 11:10 am

前回もお話しさせていただきましたが、東日本大震災の影響が住宅業界に広がっています。
住宅会社や工務店では住宅設備機器や建材・資材の確保が非常に難しくなっているようで、これから着工予定、現在着工中の現場に大きな影響が出ています。
住宅設備機器のや建材・資材の不足は現場のストップや工期の延長を余儀なくされ、
その結果お施主様への完成お引き渡しも予定していた時期よりもずれ込むことになってしまいます。
またそれ以前にプランや仕様についての変更も考えなければいけない状態です。
特にキッチンやエコキュート・便器などの不足が著しく、生産がようやく始まった生産ラインもありますが、
予定として使うはずだった商品が在庫不足や生産中止などを受けて、使用する商品の変更も考えなければいけない状態です。
インターネット上で建材のアウトレット商品などを販売するネットショップでも、
アラウーノなどの洗浄便座やIHクッキングヒーター・エコキュートなどの商品が品薄・品切れ状態になっているほどです。
滋賀でリフォームをすることを考えて中古住宅を探している親戚も今の現状ではリフォームができないのではないかと危ぶんでいます。
また今現在着工中や着工間近のお施主様は問題ないと思いますが、これから注文住宅や新築での家造りを考えている方には建材などの価格の高騰という問題が浮上しています。
今のような建材不足の状態では住宅会社や工務店よりも生産メーカー・商社の方が立場的に強くなってしまい売り手市場が成り立ってしまいます。
住宅会社や工務店は建材を仕入れるためには高騰していても在庫の確保をしますが、今後の家造りの建築費用に直結して影響してくることだと思います。
これから家造りを考える場合は仕様の限定や建築費用の高騰などのハードルが生まれるため、建てる側も今まで以上によく考えなければいけなくなってしまいます。

Top