家造り・不動産について考えてみよう!

You are currently browsing the ‘家造り・不動産について考えてみよう!’ archives for 8月 2010

リフォームやリノベーション

  • 8月 21, 2010 7:44 pm

中古住宅や中古マンションなどの中古物件の情報を不動産情報誌などで集めているとリフォーム済みやリノベーションというような言葉を目にする事があると思います。
住宅リフォームの主なものは雨漏りなどの修繕、外壁の取り替え、キッチンや浴室などの水周り等の住宅設備の取り替えや補修、床面積を増やす増築、間取りを変える改築等があります。
また最近では時代の流れと共にエコガラスやサッシなどを使った省エネルギー性能の向上や耐震補強の工事強化、床やお風呂場などの段差を解消するためのバリアフリー化、IHクッキングヒーターやエコキュートなどのオール電化を取り入れるなど様々な工事が行われています。
またリノベーションでは既存の建物を大規模な改修工事をして大幅に住宅の用途や機能を変更して住環境・住宅の性能を向上させたり、価値を高めたりするわけです。
建物の経年劣化にともない、時代に合わなくなった機能や性能をわざわざ建て替えずに、時代の変化にあわせて新築時の機能・性能以上に向上させることも可能なわけです。
この様な工事が行われた中古住宅や中古マンション等の物件をリフォーム済み・リノベーション物件というのです。
リフォームやリノベーションが行われた物件はある意味では規格住宅や建売住宅に近い所にあり、物件購入後に手を入れる必要がないわけです。
しかしたとえキレイになっているとしても自分の好みと違う仕様になっている場合も考えられます。
物件価格が安く、リフォームをすることが前提の中古物件を買うのとどちらが良いのか考えてみましょう。

Top